アトピーの人でも使える!?今までになかった新感覚のスキンケアとは!?

 

 

アトピーの人のスキンケア選びとは?

 

肌の皮脂分泌量が少なく、
角質層の水分を保つ力が弱いため、皮膚が乾燥しやすく

 

バリア機能が低下していて、
痒みのある湿疹が色んな所に出来てしまうアトピー。

 

 

良くなったり、悪くなったりを繰り返す特徴があります。

 

そんなアトピーで長年悩んでいる人は、精神的にも大変ですよね・・・
特に成人してからのアトピーは、“顔・首・胸”などに出来やすいと言われています。

 

 

ですから、自分にあったスキンケアを探すのも大変ですよね。
女性にとって、一番気になる顔にいつまでも改善されないアトピーがあるならなおさら・・・

 

 

そこで、アトピーの改善策として、肌を外部の刺激から守り、
皮膚内に十分な水分が保たれるように保湿してあげる事が大切になってきますが、

 

今回、神奈川大学・東洋新薬・FABIUSによる独自の技術で開発された
スキンケアはアトピーの人には使えないのか成分などを調べてみました。

 

 

 

 

神奈川大学・東洋新薬・FABIUSによる共同開発されたスキンケア

 

 

このスキンケアは“独自の技術”で開発されたものですが、
“界面活性剤”を使わずに沢山の美容成分が配合された
“高浸透・高保湿”のスキンケアになっています。

 

 

また
『合成香料・着色料・鉱物油・界面活性剤・アルコール・パラペン』

 

この成分を一切使用していませんのでデリケートな肌にも優しいスキンケアと言えます。

 

 

更に、皮膚の成分と似て肌なじみの良い『シアバター』も配合されています。

 

 

 

※配合されている成分

 

【フラーレン】
“ビタミンCの250倍”ともいわれる美肌力で注目されていて “強い抗酸化作用”があります。

 

 

【リンゴ果実培養細胞エキス】
長期保存しても味が落ちないリンゴで『奇跡のリンゴ』とも呼ばれています。

 

そのリンゴの“幹細胞”を培養して抽出したエキスで
“肌のターンオーバー”を本来のサイクルにもどす効果があります。

 

 

 

【水溶性プロテオグリカン】
水溶性プロテオグリカンとは、 “保湿力はヒアルロン酸の1.3倍!”と言われています。

 

保湿・保水力も優れていますが“コラーゲン”や“ヒアルロン酸”を増やす作用もあり
肌の奥の水分量アップに効果的です。

 

 

 

【PCA‐Na】
NMF(天然保湿因子)のひとつで“皮膚の角質層”の中に多く含まれています。
強力な保湿効果があります。

 

 

【プラセンタエキス】
アミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸、核酸、エラスチンなどが豊富に含まれています。

 

 

【ヒアルロン酸Na】
1gで6?もの水分を抱え込む”高い水分保持力があります。

 

 

【スクワラン】
肌の表面を覆い、乾燥した空気や紫外線などの“外的刺激”から肌を守ってくれます。

 

 

※肌フローラ
“肌フローラ”とは “皮膚に棲む菌”のことです。

 

 

菌の数は分かっている“種類だけで30”・“1兆個以上の菌”が棲んでいると言われています。

 

 

*肌フローラの状態がいいと・・・

 

・空気中に存在する菌や紫外線から肌を守る
・肌をしっかり保湿出来る

 

 

といった“バリア機能”が正常になります。

 

 

 

いかがでしょうか?

 

この様に、肌に優しい成分で出来ていて、
“保湿効果のある美容成分”や肌本来の“バリア機能を正常”に

 

戻してくれる成分などが配合されているので、
アトピーの人にも期待できそうですね♪

 

 

しかし、肌質や症状も人それぞれ違いますので、
心配な方は医師に相談される事をお勧めいたします。