納得!!40代からの乾燥肌はこんな症状って知らなかった!

 

いくつになっても、スキンケアは同じでいいと思っていた。

 

 

でも、ある時を境に、急に物足りなくなって・・・・

 

 

女性は30代半ば位から、肌に変化が現れてきます。

 

 

肌の水分量・皮脂量が減ってしまうのです。

 

 

“乾燥肌”です。

 

 

ですから、40代以降の肌のお手入れ次第で、
その後の肌の状態も変わってくると言われています。

 

 

そこで、今回は40代の乾燥肌と、
スキンケアについてお話していきたいと思います。

 

 

 

 

40代の肌はどうなっているの?本当に乾燥肌?

 

 

 

『乾燥肌』とは

 

肌の角質の水分量と皮脂がともに少なくなっている状態の事を言います。

 

肌の“ハリ”がなく、目元や口元などに“乾燥小じわ”があらわれやすくなります。

 

 

そして乾燥肌になってしまうと、
うるおいや柔軟性がなくなり、肌を外的刺激から守る

 

“バリア機能が低下”してしまい、肌がダメージを受けやすくなります。

 

 

乾燥肌の原因には、“年齢・性別・体質”によるものと、

 

冷暖房による空気の“乾燥・紫外線・間違ったスキンケア”
などといった“外的要因”“不規則な食生活・ストレス”などの“内的要因”も関係しています。

 

 

 

 

 

『インナードライ』

 

この言葉を聞いた事があると言う人は多いかと思います。

 

 

40代になると、表皮の一番上の角質層にある
“セラミド”と言う、肌を保湿して外部の刺激から
守ってくれる成分の働きが低下して、“肌のバリア機能”が弱くなってしまいます。

 

 

そうすると、外からの刺激から守るため、
皮膚は“過剰に皮脂”を出してしまいます。

 

 

この状態を「私は脂性肌なんだ」と思いこんで洗顔を丁寧にし過ぎるなどの、
“間違ったスキンケア”をしてしまいます。

 

 

私も、一時期“自分は脂性肌”と思いこんで、
スキンケアも“サッパリタイプ”を選んだり、洗顔を入念にしすぎたりしていた時がありました。

 

しかし、その後肌の状態が悪化して、
皮膚科を受信すると、実は“乾燥肌”による、
“大人ニキビ”になっていた、と言う経験をしたことがあります^^;

 

 

これには、相当ショックを受けました^^;
改善するのにも、とても大変な思いもしましたし、
外を歩くのも嫌な時期さえありましたから・・・・・

 

 

この私のスキンケアの間違いがインナードライを進行させていた証拠なんだと思います。

 

皆さんは大丈夫ですか?

 

 

 

 

 

40代のスキンケアはどうすればいい?

 

 

まず、気を付けたいのが“洗顔”の仕方。

 

今では、常識のようになりましたが、洗顔する時は、
『洗顔料を泡立てて、たっぷりの泡で包み込む』ように優しく洗う事です。

 

 

デリケートな肌には洗顔さえも外的刺激になってしまうんです。

 

そして、顔をふく時も、刺激しないように、
優しく“タオルで抑える様”に拭き取ります。

 

またスキンケアも、
保湿効果の高い物を選んで優しく塗って上げてくださいね♪

 

 

また化粧品をラインで揃えて使うと、
何度も肌に刺激を与えてしまうので

 

 

出来れば“オールインワン”のような一度で
お手入れが済むようなスキンケアがおススメです。

 

 

とにかく、40代からの“乾燥肌”には“保湿”が大切になってきます。

 

今のスキンケアで、おかしいなと感じたら
インナードライを疑ってみてくださいね^^;

 

私のようにならないように・・・・・