ナノクリアとの出会い!知ってて良かった、とびっきりの全成分!!

 

 

ナノクリアを使った方の本音を聞くと

 

 

*コクがあるのに伸びが良い
*べたつきが残らず使いやすい
*顔から身体まで使えるのが楽♪

 

 

この様な声が聞こえてきます。

 

ナノクリアが高評価なのは
成分や製法に
何か秘密があるのではないでしょうか?

 

>>ナノクリアの評価がホントにいいのか確認!

 

 

 

 

ナノクリアの全成分を調べてみた

 

 

ナノクリア1本しか使っていないのに
何種類ものスキンケアでお手入れした様な
充実感がある、と言った声もあります。

 

 

 

特別な成分が配合されているのでしょうか?

 

 

 

 

フラーレン

 

ビタミンCの250倍以上の抗酸化力があり
老化の原因“活性酸素”を除去します。

 

 

フラーレンは殆どの種類の
活性酸素を除去できると言われています。

 

 

 

 

グルコノバクター/ハチミツ発酵液

 

ハチミツを発酵して作られ
1gのハチミツを摂るのに
9万本ものバラが必要と言われています。

 

 

ハチミツ本来の保湿作用と
発酵によって含有されたグルコン酸が

 

古い角質同士のつかながりを緩め
スベスベのなめらかな肌へ導きます♪

 

 

 

 

リンゴ果実培養細胞エキス

 

長期保存しても味が落ちない奇跡のリンゴ。

 

そんなリンゴから抽出したエキスです。

 

エイジングケア成分として注目されています

 

 

 

 

水溶性プロテオグリカン

 

サケの鼻軟骨から抽出して得られる成分で
肌の潤いや弾力を保つ働きがあります

 

 

 

 

スクワラン

 

20代をピークに減少する成分で
肌の表面を覆い外的刺激から肌を守る成分。

 

スクワランは肌への浸透性に優れていて
保湿効果も高く肌のバリア機能を高めます。

 

 

 

 

 

シアバター

 

シアの木の種子から採れる植物性油脂。

 

人の皮脂とよく似た成分で肌に馴染みやすく

 

保湿効果が持続すると言われています。

 

 

 

 

 

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

 

 

これまでのビタミンC誘導体と比べ
ビタミンCを肌の内部へ簡単に浸透させ

 

優れた美白効果だけでなく
活性酸素も除去し、シワの原因となる
コラーゲンへのダメージを防止します。

 

 

 

 

PCA-Na

 

他の保湿成分と組み合わせる事で
保湿効果が高まります。

 

 

高温や低温でも安定していて
水によく溶け角質層に浸透し

 

強い保湿効があるので
乾燥から肌を守るために配合されています。

 

 

 

 

肌フローラ(皮膚常在菌叢)

 

肌フローラとは、皮膚の表面にいる
細菌の集合体のことです。

 

肌にはおよそ1,000種類の細菌がいます。

 

 

皮膚常在菌は皮膚の
バリア機能の働きをして
外的刺激から肌を守ってくれます。

 

 

肌では肌フローラがバランスを保つ事で
健やかさが保たれると言われています。

 

 

>>ナノクリア公式で成分を確認!

 

 

 

ナノクリアが安心して使えるのは?

 

ナノクリアは他の美容液で使われている
肌への負担がかかる

 

 

*界面活性剤・合成香料・鉱物油
着色料・アルコール・パラペンを
一切使っていません。

 

 

つまり敏感肌やアトピーなどのデリケートな
肌にも優しいスキンケアとなっています。

 

 

 

◎いかがだったでしょうか?

 

ナノクリアの主な成分を見てきましたが
肌に良いとされる成分で作られている事が
お分かり頂けたのではないでしょうか。

 

 

しかし肌質によっては
合わない成分もあるかも知れませんので

 

 

購入される時は
成分を確認する事を忘れないで下さい♪

 

 

 

公式サイトの下の方に
全成分が記載されていますので
気になる方は確認して下さいね♪

 

 

>>ナノクリア公式サイトを確認する!